コンベヤ保護機器
コンベヤ保護機器一覧へ戻る
ベルト片寄スイッチ
Photo ベルト片寄スイッチは、コンベヤベルトの片寄りや、蛇行を2段階に検出し、片寄りの程度によって警報と停止の保護指令を出すものです。 本スイッチの使用によって、高価なコンベヤベルトの損傷や落鉱を防ぎ、事故による輸送系統の混乱を未然に防止することができます。

ベルト片寄スイッチは、輸送系統の安全運転に欠かせないものとして、製鉄所、セメント工場、化学工場、火力発電所などで多数ご使用いただけます。
特殊型及び防爆も製作致しますのでお問い合わせください。
取付け例
Photo Photo
取付例における各部の寸法は、ベルトコンベヤが3槽式、トラフ角20°、ベルト幅600mmのものを参考にして決めています。ベルト幅が大きいものについては、下図を参考にして取付け架台の寸法を決めてください。
動作説明
Photo
  • 図中の角度はタッチローラの傾斜角度を示します。
  • 接点1,2は20度で閉路し18°まで復帰すると開路します。
  • 接点4,5は35°で開路し33°まで復帰すると閉路します。
  • 接点(リミットスイッチ)の動作位置はカムの調整により変更できます。
外形図
Photo Photo