計装機器
計装機器一覧へ戻る
超音波レベル計
Image 超音波レベル計は、国産化したことで「日本語表示」を可能にしました。海外製の難しい英語表示ではなく、日本語表示によって調整することができ、状態監視が容易になりました。最新の性能をコンパクトに収納し、高性能な計測能力を発揮します。各部分の点検・保守が容易にできるスペースを確保するため最適サイズにまとめました。「小型」「高性能」「抜群の操作性能」「安定供給と保証」の4拍子を揃えた最新型の超音波レベル計です。

測定に関しての詳細はお問い合せ下さい。
特性
非接触
超音波を貯蔵物表面から反射させ、その伝搬時間を距離に換算しレベル測定をするため、貯蔵物を非接触で測定できます。
高精度
分解能1mmと高精度なレベル測定を実現しました。
高信頼性
貯蔵物の「比誘電率」「導電性」「密度」などの影響を受けず、安定したレベル計測が行えます。また、過去のノウハウを集積した独自のエコー解析技術により、確実な測定を実現しました。
広範囲なラインナップ
最大70mまでのレンジをカバー。用途により、全5機種のレンジから選択できます。
メンテナンス・レス
調整用ソフト『MVM』をお手持ちのPCにインストールすることで、パラメータの設定・生波形確認・処理波形確認・スレッシュレベルの確認など、高機能な計測機器の役割をさせることができます。RS485/USB通信により、1台のPCから複数の超音波レベル計の状況を、遠隔より確認可能です。
アプリケーション例
セメント製品サイロ
フライアッシュサイロ
石灰・粘土バンカー
クリンカーサイロ
ブレンディングサイロ
焼結槽
石炭槽
コークス槽
チップサイロ
汚泥ホッパ
脱水ケーキホッパ
消石灰ホッパ
PPサイロ
廃プラバンカー
塵埃バンカー
石膏サイロ
トラック受入ホッパ
スラリータンク
酵母タンク
廃材バンカー
排水処理設備
コンベヤ荷切れ検知
穀物・飼料サイロ
糖蜜タンク
簡単操作
超音波レベル計では、現場でのメンテナンスから遠隔操作による複雑なシステム調整まで、簡単で性格なオペレーションが可能になります。
現場操作・本体に内蔵可能なLCD調整ユニット「GRAPHIC COM」では、視認性に優れた液晶画面にモニタリング中の波形を表示可能です。
Image
左・ LCD調整ユニット「GRAPHIC COM」モニタリング中の波形表示(オプション)
右・ 本体に「GRAPHIC COM」を内蔵したところ
遠隔操作
調整用ソフトウェア「MVM」をインストールしたPCでは、複雑なパラメータの設定も直感的に操作することができます。 Image
測定状況のリアルタイム表示
仕様
型式 USLM-PE91F/B USLM-PE92F/B USLM-PE93F/S/B USLM-PE95F/S/B USLM-PE96F/S/B
供給電源 AC 85~265V 50/60Hz
消費電力 Max.9VA
取り付け 一体型(Fタイプ) JIS5K65A 自在フランジ 各方向15deg 角度調整可
自在型(Sタイプ) - - JIS10K250A
分離型(Bタイプ) G1ネジ取付ロックナット付き
最小・最大
測定レンジ
一体型(Fタイプ) 液体 0.4~5m 0.6~10m 0.9~25m 1.0~45m 1.8~70m
粉体 - 0.6~5m* 1.1~10m 1.1~20m 1.8~25m
自在型(Sタイプ) 液体 - - 0.7~25m 0.8~45m 1.6~70m
粉体 - - 0.9~10m 0.9~20m 1.6~25m
分離型(Bタイプ) 液体 0.3~5m 0.5~10m* 0.7~25m 0.8~45m 1.6~70m
粉体 - 0.5~5m* 0.9~10m 0.9~20m 1.6~25m
発信周波数 43kHz 30kHz 27kHz 17kHz 11kHz
発信周期 240ms 480ms 540ms
放射角(-3dB) 11deg 4deg 5deg 6deg
分解能 1mm
精度 ±0.25%または±6mm(どちらかの最大値、F.S.)
出力信号 DC4~20mA×1 600Ω以下
周囲温度 ハウジング部 -20~60℃
発信部 -40~80℃ -40~95℃ -40~80℃ -40~150℃
許容内圧(Max) 0.4MPa 0.3MPa 0.15MPa 0.3MPa
材質 ハウジング部 ADC
フランジ部 一体フランジ:PE/自在フランジ:SS400
保護構造 ハウジング部 IP65
発信部 IP68
リード引出口 G1/2×2
質量 約6kg 約7kg 約8kg 約10.5kg 約11kg
付属品(オプション) ・LCD調整ユニット(GRAPHIC COM)
・上位調整用485変換機(USB-4851)
・現場調整用保守ケーブル(USB/RS485)
・調整用ソフトウェア(MVM)
塊体での計測になります。