計装機器
計装機器一覧へ戻る
マイクロ波レベル計
Image パルスレーダー方式マイクロ波レベル計は、ホーンアンテナからパルスレーダー波を発射し、測定対象物に当たって反射する(エコー)が再びマイクロ波レベル計に戻ってくるまでの往復伝搬時間を測定し距離に演算するレベル計です。

超音波レベル計では無理とされた高温・高圧・高濃度の粉塵や蒸気にも影響されにくく安定した計測を実現します。
測定原理図
Image
ストーカー炉内
ゴミ焼却炉内の燃焼層のレベルを連続監視できます。生ゴミの燃焼によるレベル変動で燃焼率を確認し、ストーカーブレードの速度制御にも役立ちます。ゴミ処理施設では他に、生ゴミレベルや、燃料油、薬液タンクなどにも利用可能です。 Image
フライアッシュサイロ
フライアッシュ(石灰灰)は大変難しいレベル計測と言われます。パルスレーダー方式マイクロ波レベル計は近年、発電所のフライアッシュサイロやボトムアッシュサイロに多数採用され、信頼性の高い計測性能を発揮しています。また、焼却灰などにも応用可能です。 Image
製品サイロ
従来品に比べ放射角度が8°と小さいのが特徴です。穀物やペレット、セメントなどを貯蔵する細長いサイロでの測定にも向いています。 Image
セメントサイロ
セメントサイロの圧送ラインでは、多くの粉塵が浮遊しています。パルスレーダー方式マイクロ波レベル計は、超音波とは違う計測原理によって、安定した計測を行います。タンクローリーからの返送時も問題無く、高精度な値が得られます。 Image
クリンカーサイロ
セメント工場では、鉱山から、焼成、AQC、クリンカー、粉砕など、あらゆる場面で計測が可能です。高温環境からウエットな環境まで対応します。キルン関連では、産業廃棄物処理工程の環境でも活躍します。 Image
薬液タンク
ラインナップにPTFEのアンテナがあります。そのため腐食性の液体も気にすることなく計測できます。 Image
ガス発生タンク
超音波レベル計でガスの発生するタンク内を測定すると、ガスの影響で音速が変化するため向いていません。マイクロ波レベル計ならガスの影響を受けることなく測定することができます。 Image
河川の水位
パルスレーダー方式マイクロ波レベル計は、雨や風、雪などの気象環境に影響されず、連続計測が可能です。夜間でも発信音がしないため、住宅地近くでも安心して使用できます。 Image
外形寸法 mm
Image
仕様
型式 MWLM-PR26C1G MWLM-PR26H1G MWLM-PR26H3G/F/S MWLM-PR26H7G/F/S
用途 液体用 紛体用
アンテナタイプ コーンアンテナ 小型ホーンアンテナ ホーンアンテナ
電源 DC20~32V
消費電力 約800mW
取付 G2ネジ G1ネジ G:G1 1/2ネジ
F:JIS5K65A相当固定フランジ
S:JIS10K100A相当自在フランジ
G:G1 1/2ネジ
F:JIS10K100A相当固定フランジ
S:JIS10K100A相当自在フランジ
不感距離 アンテナ下0.5m アンテナ下0.3m
最大測定距離※ 10.0m 35.0m 70.0m
発信周波数 約26GHz
発信周期 1回/83ms
放射角(-3dB) 約24°(サイドビームを含む広がり約48°) 約14°(サイドビームを含む広がり約28°) 約8°(サイドビームを含む広がり約16°)
分解能 1mm
許容レベル変動率 10cm/s
精度 再現性 2m以内:±30mm、2m以降:測定レンジ±0.04% または20mmの大きい方
温度誤差 0.06%/10K
周囲温度 ハウジング部 -40~+60℃(LCDあり:-20~+60℃)(注)電源投入時-20℃以下では暖気1時間を要します
アンテナ部 -40~+150℃
許容内圧(Max.) 500kPa 1MPa G:1MPa F:250kPa S:10kPa G:1MPa F:250kPa S:10kPa
材質 ハウジング部 ADC
アンテナ部 PTFE SUS304 SUS316L
保護構造 ハウジング部 IP66(ハウジングカバー、ケーブル引出口締付状態にて)
アンテナ部 IP67
リード引出口 1-G1/2(適合ケーブルサイズ:φ8~12mm)
出力信号 DC4~20mA×1(電源DC24Vの場合の不可抵抗max.499Ω)HART通信
積分時間 0~999s
質量 約1.9kg 約1.6kg 約2.3kg/約4.4kg/約5.6kg 約2.7kg/約5.3kg/約6.0kg
付属品(オプション) ・LCD調整ユニット(GRAPHIC COM2)
・調整用通信ケーブル
・調整用ソフト(M-DTM)
測定基準点からの距離