計装機器
計装機器一覧へ戻る
回転式レベルスイッチ
Photo パドル式レベルスイッチは、被測定物の比重により検出をする接触タイプのレベルスイッチです。したがいまして、同一タンク内において被測定物が変わった場合でも、誤作動をする心配が少なく、また、超低比重の被測定物への対応も検出パドルを交換するだけで面倒な感度調整をする必要はありません。
そして、シンプルな機械式であるがゆえ、他の方式を原理とするレベルスイッチに比べて、振動・衝撃に強く、検出パドルや主軸への付着も問題としない粉粒体のレベル検知に最も適したレベルスイッチといえます。

また、高温、高圧、防爆仕様等製作致しますのでお問い合せ下さい。
動作原理
貯蔵堆積物のレベルを検出したい位置にレベルセンサを取り付け、羽根を回転させます。羽根は小型モータの力で回転し、堆積物のレベルが上昇して羽根の回転を拘束すると、モータ自体の回転で検出レバーを作動させ2個のマイクロスイッチを動かします。
構造図
Image