磁選機(異物除去)・電磁式ノッカー
磁選機(異物除去)・電磁式ノッカー一覧へ戻る
電磁式ノッカー(マグハンマ)
Photo ホッパーシュート、ダクト、タンク等に発生する付着、目詰まり、ラットホール、アーチング、ブリッジを解消防止するハンマリング装置です。ピストンロッドは打撃時に磁力で浮上しますので、耐久性抜群。集中連打が可能なので付着払い落としに大きな効果を発揮します。またコントロールボックスのつまみで簡単に衝撃力の強弱調整ができるほか、連動制御が可能なように外部信号の端子を設けています。
動作原理
マグハンマの選び方
ホッパー等の形状、寸法及び製品の詰まり具合、その他粉体の特性、状態、水分等によっても異なりますが、マグハンマ選定のおおよその目安として上の表の様に型式および台数をお勧め致します。
選定の基準としては、ホッパーの板圧(t)でマグハンマの型式を選定し、ホッパーの大きさ(φ)でマグハンマの台数を決定致します。
マグハンマは衝撃力の調節ができますので、大きい方の機種を選定して頂ければ万全です。
型式×台数
Photo
目詰まり付着
Photo Photo Photo Photo
取付け方法および取付け位置
(1) ホッパー板圧がうすい場合、表面に厚さ4?6mmの補強板を溶接します。
(2) ホッパー壁面又はその補強板にベースプレートを全周溶接します。
(3) ベースプレートと本体を付属のボルトナットで固定します。
(4) マグハンマ本体を高所へ取付ける場合、必ず付属のシャックルにワイヤーあるいはチェーンを落下防止用に吊り、固定します。
補強板の溶接方法
補強板に10cm間隔ごとに直径2cm位の穴をあけ、ホッパーと栓溶接し、その後周囲を全周溶接します。
Photo  
通常の場合
通常、ホッパー部板長さ(L)出口から200?300mmの所に、取付けます。また既設ホッパーに取付ける場合、ハンマーでホッパーを叩き、1番効果のある場所が取付位置です。
Photo
流動性の悪い場合
流動性の悪い原料の場合はマグハンマを2台使用し左右の取付高さを図示のように変えることにより、流動性が良くなります。
Photo  
壁面付着の場合
シュート、輸送配管及び垂直面に付着する場合は垂直面長さ(L)の1/3Lに取付けます。
Photo
本体仕様
    攻撃力 寸法(mm) 重量
(kg)
入力電波
M220°
型式 構造 kg※※ ハンマー D L
SIC-05A型 完全密閉型(間接打撃式) 1.8 1ポンド 130 76 226 7 1.3
SIC-1A型 3.8 2ポンド 165 102 284 13 1.8
SIC-2A型 8.2 4ポンド 190 114 318 22 3.4
SIC-3A型 21.3 10ポンド 255 165 384 52 3.9
SIC-05AS型 完全密閉型(間接打撃防音式) 1.3 0.7ポンド 130 76 226 7 1.3
SIC-1AS型 2.7 1.5ポンド 165 102 284 13 1.8
SIC-2AS型 5.7 3ポンド 190 114 318 22 3.4
SIC-3AS型 14.9 7ポンド 255 165 384 52 3.9
1) 高温仕様(周囲温度100度)も別注にて製作致します。
2) 耐蝕仕様(オールSUS製)も別注にて製作致します。
3) 直接打撃型(ピストン突出)も別注にて製作いたします。
4) 取付用ベースプレート、ボルト、ナット類を1式付属致します。
5) マグハンマ本体と制御盤間のケーブルは5mを本体に接続済です。